トニカクワロトケ。

人生一度きり!

帝王切開の「帝王」って何か知ってる?それ指すものが衝撃の事実。(笑)

f:id:fun9cy:20200418181809p:plain

 

「帝王切開」と聞けば、多くの人が「子宮切開によって胎児を取り出す手術」を思い浮かべるでしょう。

でもよく考えてほしい。

 

「帝王」ってだれ?(笑)

この手術法を考えてもどこにも帝王はいない。(笑)

 

帝王:ユリウス・カエサルが語源?

f:id:fun9cy:20200418183158p:plain

雑学な好きな人は、帝王切開の帝王が、可能有名な帝王:ユリウス・カエサルである

という事を知っている。


実はこれは、誤り。(笑)

彼が生まれた紀元前一世紀当時、切開による分娩によって母親が死亡したことから、
「帝王が」が生まれた際、切開による分娩だった事う事でついたという説。
しかしおかしなことに、カエサルの母親は出産後も生きており、矛盾が生じるのだ。

 

間違いが間違いを生む。

f:id:fun9cy:20200418183946p:plain

帝王カエサルじゃなければ、なぜ「帝王」がつくのか。
それを知るには、もう少し語源をさかのぼる必要がある。

 

16世紀、成立したばかりのこの手術法は
ラテン語で「Kaiserschnitt」と呼ばれていた。

英語ならば「Caesarean section」と書きます。

 

f:id:fun9cy:20200418185629p:plain


と直して日本に入ってきました。
でも実は、「Kaiser」の語源は
古代ローマまでさかのぼり、切るなどを意味する「caedere」が由来です。

ただし、日本に入ってきた時には「Kaiser」には「切る」という意味は消滅し、
「帝王」という意味だけが残った為、帝王切開という訳になったのです。

 

500年前、「切開分娩」という手術方法を考えた人が、
まさか500年後、「帝王切開」なんて呼ばれているとは到底想像できなかったでしょうね。(笑)


そして、この経緯を分かった現代でも、もうこの名が浸透してるからという事で、
名称を変える事を誰もしない。

結果、

 

帝王

 

という名前の一人歩きで、

 

誰も指さない(笑)

 

というオチ。笑

玉座の空席。

っていう、どうでもいい無駄なまとめでした。