トニカクワロトケ。

人生一度きり!

好かれる人は「良い言葉」を知っている。

甘えるのが下手な人は「ごめんなさい」を多用する。

甘えるのが上手な人は「ありがとう」を多用する。

 

うまく言えないときには「うまく言えない」でいい。
うまく表現できないときには「うまく言えない」と伝える。

 

いきなり用件から言い始めない。
自分の気持ちを素直に伝えてから、用件を言い始める。

 

言いにくい謝罪の言葉こそ、最初に言う。
余分な言い訳より、真っ先に謝る。

 

最初から具体的な返事をする必要はない。
抽象的でもいいから、すぐ返事をする。

 

平凡であろうと、最近あった話はなんでも面白い。
「最近何か変わったことあった?」から話し始める。

相手が好きなキーワードを発見せよ!
相手が興味・関心を抱いているキーワードを見つけ、会話に盛り込む。

 

「手伝いましょうか」ではなく「手伝わせてください」

「出会えてよかった」という言葉ほど、嬉しい言葉はない。

 

一度も失敗したことがない人より、何度も失敗したことがある人のほうが魅力的。
「何度も失敗したことがある」と言えるようになる。

あらゆる会話の中で最も重要なキーワードは、相手の名前。 
会話に相手の名前を含める。 

 
世間知らずから抜け出す方法は「謙虚」である。
謙虚になり、世間知らずから抜け出す。

 

明るい未来の話は、どんな薬より効き目がある。
「明るい未来の話」をする。

 

考え方が対立しそうになれば「たしかにそうですね」と言う。
「たしかにそうですね」と 言ってしまう。

 

期待が外れても「期待外れ」を楽しめばいい。
「期待外れ」を楽しむ。

もっと早く出会いたかった気持ちを、口に出し言う。

 

「ありがとうございます」と言われたときは
「こちらこそありがとうございます」と言う。

 

 

 

 人に好かれる人はトニカク

 

f:id:fun9cy:20200301183804p:plain